トップイメージ

五浦の偉人・岡倉天心


岡倉天心をご存知ですか?
 
岡倉天心は横浜で福井藩士出身の貿易商店主・岡倉覚右衛門の次男として生まれ、 日本美術を進展させ、世界に広めた人物である。
 
東京美術学校(現在の東京芸術大学)の設立にも大きく貢献し、 その後に日本美術院も創設した。

岡倉天心の活躍

幼少のころから英語を学び、母国語のように使いこなした岡倉天心は、 外国人教師として来日したアーネスト・フェノロサをはじめとした 日本古美術に関心をもつ外国人と深くつながっていました。
 
海外においても講演や本の出版をするなど活動を行うことで、 当時の世界の美術の状況や日本美術の素晴らしさを説いています。
 
約100年前に出版された『茶の本』は世界中で大ヒットし、 当時多くの人間に深い衝撃を与えました。

岡倉天心という人

生涯を日本芸術のために捧げた岡倉天心の人生がどのようなものであったのか、 どんな活動をおこなってきたのか、 また現在残っている岡倉天心の記念館などの情報をこのサイトでは掲載しています。

諸注意事項
当サイトは岡倉天心の六角堂がある茨城県北茨城市五浦出身の管理人の個人の趣味によって運営しているサイトです。
掲載している内容、場所、関連団体などとは一切の関係がありません。
記事の内容や写真については実際に管理人自身が取材したり、調べた結果をまとめたものであり、詳細の相違等があった場合、または当サイトで何らかの損害が発生したとしても当サイト関係者は一切の責任を負いません。
また当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしていただいて構いません。リンクした際にご連絡いただければ管理人が喜びますが、特にご連絡いただかなくて結構です。

トップ

サイトMENU

Copyright (C) 2007 岡倉天心と五浦の地. All Rights Reserved.